65-1249-84 作業服 ベルデクセル ストレッチカーゴパンツ ポリ65% L VE481C-SITA-L 国内即発送 下 ギフト シルバーグレー

65-1249-84 作業服 ベルデクセル ストレッチカーゴパンツ ポリ65% 下 シルバーグレー L VE481C-SITA-L

65-1249-84 作業服 ベルデクセル ストレッチカーゴパンツ ポリ65% L VE481C-SITA-L 下 【ギフト】 シルバーグレー 65-1249-84 作業服 ベルデクセル ストレッチカーゴパンツ ポリ65% 下 シルバーグレー L VE481C-SITA-L,/maire755206.html,研究用総合機器 , 安全保護用品 , ウェア、保護衣 , 作業着・雨具・塗装服 , 作業服 ベルデクセル ストレッチカーゴパンツ VE480CSITAシリーズ , カテゴリ一覧 , 工具・作業用品 , 環境安全用品 , 保護具 , 作業服 , 作業服 ベルデクセル ストレッチカーゴパンツ VE480CSITAシリーズ,3020円,onlinemarketingwire.com 65-1249-84 作業服 ベルデクセル ストレッチカーゴパンツ ポリ65% 下 シルバーグレー L VE481C-SITA-L,/maire755206.html,研究用総合機器 , 安全保護用品 , ウェア、保護衣 , 作業着・雨具・塗装服 , 作業服 ベルデクセル ストレッチカーゴパンツ VE480CSITAシリーズ , カテゴリ一覧 , 工具・作業用品 , 環境安全用品 , 保護具 , 作業服 , 作業服 ベルデクセル ストレッチカーゴパンツ VE480CSITAシリーズ,3020円,onlinemarketingwire.com 65-1249-84 作業服 ベルデクセル ストレッチカーゴパンツ ポリ65% L VE481C-SITA-L 下 【ギフト】 シルバーグレー 3020円 65-1249-84 作業服 ベルデクセル ストレッチカーゴパンツ ポリ65% 下 シルバーグレー L VE481C-SITA-L 研究用総合機器 安全保護用品 ウェア、保護衣 作業着・雨具・塗装服 作業服 ベルデクセル ストレッチカーゴパンツ VE480CSITAシリーズ カテゴリ一覧 工具・作業用品 環境安全用品 保護具 作業服 作業服 ベルデクセル ストレッチカーゴパンツ VE480CSITAシリーズ 3020円 65-1249-84 作業服 ベルデクセル ストレッチカーゴパンツ ポリ65% 下 シルバーグレー L VE481C-SITA-L 研究用総合機器 安全保護用品 ウェア、保護衣 作業着・雨具・塗装服 作業服 ベルデクセル ストレッチカーゴパンツ VE480CSITAシリーズ カテゴリ一覧 工具・作業用品 環境安全用品 保護具 作業服 作業服 ベルデクセル ストレッチカーゴパンツ VE480CSITAシリーズ

3020円

65-1249-84 作業服 ベルデクセル ストレッチカーゴパンツ ポリ65% 下 シルバーグレー L VE481C-SITA-L

  • グリーン購入法

特徴

  • 帯電防止作業服JIS、適合品
  • グリーン購入法対応
  • しゃがんだ際にプリーツが伸びることにより、背中やインナーウエアが見えにくくなりました。後腰部に伸縮メッシュを施すことで、前後や斜めの屈伸の動きをスムーズに。従来のパンツに比べ腹部への圧迫やつっぱりも軽減する仕様です。
  • 開脚運動をサポートするマチを股下部分に入れることにより、開脚姿勢をとった際のつっぱりを軽減し、快適に作業を行うことができます。
  • 海外生地、染色の為、若干の色ブレが発生することがあります。
  • このパンツは当社従来商品に比べ、やや細身のシルエットになっております。
  • 裾上げする際の注意事項
  • このパンツは立体裁断構造を採用しているため、股下寸法の計測位置が通常とは異なります。

仕様

  • 素材:ポリエステル65%、綿35%、ストレッチツイル
  • ファスナー:樹脂
  • ボタン:樹脂(左後ポケット)
  • ドットボタン:樹脂(カーゴフラップ)
  • ポケット位置:左右脇ポケット、左右後ろポケット、左右カーゴポケット

65-1249-84 作業服 ベルデクセル ストレッチカーゴパンツ ポリ65% 下 シルバーグレー L VE481C-SITA-L

2014年2月 6日 (木)

蘇れ!ハンディ掃除機

■家にAC電源のいわゆる普通の掃除機が4台も在る。1台目が死に掛けて、ダイソン押しの私の意見を無視してパック式のを購入するも、結局気に入らずパッカンとゴミだけ捨てられるのを又買った。

 そんな余剰掃除機が在っても、産廃Boxに掃除機を見つけると拾ってしまう。何故ならハンディタイプだったから。AC電源4台目は私の隠れ家に半ビルトイン式で装備しているのだが、ちょっと吸いたい時にホースをほどくのは面倒なのだ。

 そしたら又捨ててありましたハンディ掃除機。コイツは専用充電器で充電するも動作せず、つまりぶっ壊れている。バラしてみたら充電系の回路が死んでいた

 なので充電端子は内臓Nicd直にして、手持ちマルチチャージャーで充電したら動作した。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

アジトにでも置いておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月30日 (木)

煙2-百均的スモークアンプ

■加工モノは得意とするが電子モノ音痴のな私にうってつけのネタを発見した。それは何と百均で実現出来ると言う。

62-7378-06 スリット式ロッドレスORVシリーズ ORV25X200-ZE102B5

 まづはアンプ部分。単4電池2本でiPodなどのイヤフォン出力を、スピーカーがドライブ出来るまで増幅すると言うモノ、セリアで購入。

 お次はスピーカー部分。長いコードが付いていて、テレビの音声を耳元で聞こうではないかと言う商品、キャン☆ドウで購入。

 4本のネジで裏蓋と留めているウチ、下2本の柱を削除。基板の不要な部分を切り取り、9V電池と共に何とか収める。ステレオフォーンジャックを使い、プラグを入れた時のみ電源が入る仕組み。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

主要部品が¥210と言う格安ギターアンプだが、ナカナカの鳴りっぷり!。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

オイル交換100860km

■最近10万キロ達成したゴン太だが、忙しくてかまってやれない。本当はタイミングベルトや足回りのラバー類を交換したかったのだ。

 で、やっとオイルとオイルフィルターの交換を行ったジャッキアップは面倒だったが、今回はフィルターの交換時期だったのだ。ゴン太のフィルターは奥まった所に有ったと記憶していたが、何処なのかまでは忘れていた

 やおら1000kmほど過走行であるが、普段回しても3000rpmなのでエンジンのストレスは少なめ。通勤で少々渋滞にはまるが、8~10km/Lとこの年式のミニバンとしては走る。

 前回までは10W-30だったのだが、入手できず10W-40となる。粘度が高くなった分、エンジンの静粛性は良くなった

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

プラグくらいは替えてやりたいなぁ、、、。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

生命体Kenの寮に行く

正月帰郷したとUPしたが、その時に上京した生命体Kenの寮に行ってみた。

 最寄り駅は東京メトロ丸ノ内線の茗荷谷、JR山手線内側だけあって中々の都会っぷりである。

 石川県の管理であるこの寮が建設された頃は、まだ畑に平屋の民家がチラホラてな感じだったのではなかろうか?。4階のはずれ、3畳の空間が生命体Kenの部屋だった。

 火気の使用は禁止なのだが、電気モノならOKらしい。以前米と共に炊飯器を送ったが、今度はIHレンジを送れとうるさい。階段に卒寮生の写真が有って、その数から50年ほど歴史がある寮だと分かる。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

地元新聞で老朽化の為今年度いっぱいで取り壊すと記事になっていた。そしたら、、、?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

63-6676-05 [受注停止]ラベルプリンタ用 テープ TX611

■たまにこのブログでギターアンプ等の電子物をUPしているが、私は電子については無知で、その部分についてはブラックボックスなのである。

 それを克服しようとかつて「ラヂオ部ココログ支店」シリーズを展開するも3回で打ち切り簡単なハズのヘッドアンプも鳴らずじまい、、、。その後、スモーキーアンプなるモノの存在を知り、それはオペアンプICと数個の電解コンデンサで完成できると言う。

 で以前不動のアレに必要と思われるパーツが載っていたなぁと、ジャンク箱から発掘してた。とりあえず全バラして、使えそーなICと電解コンデンサでを立体配線してみた。

 鳴らねーよ凹、、、。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

でもそんな電子オンチな私向きの情報をGET!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

念願のバッテリーレス化!

■年末年始、東京に帰郷していた。最近はネット通販でマニアックな物も手に入るので、上京したからと言って買い漁る事は無くっていた。以前からバッテリーレス化は懸案事項であったのだが、電解コンデンサ1個の為に送料を払ってまで買うのはなぁと先延ばしにしていたのだ。



 現在のアキバはAKB48ガンダムのカフェが有ったりと変貌してしまったが、元祖アキバ系の私が向かったのはガード下のジャンク屋。ただでさえ激減したこの手の店は正月休みで数店しか営業していなかった

 で、手に入れたのがホコリのかぶった日立製10000uF¥300也。帰宅したその日に63-0792-30 スリット式ロッドレスORKシリーズ ORK40X1500-K1-ZG530B1と交換した。外してビックリしたのは電池の被覆が破れ、ショートした様になっていたのだ。そしてその付近の塗装も剥がれてしまっていた。

 コンデンサに替えたら不動だったタコメーターも動作する様になった。ターンランプも問題なく点滅し、テールランプが点滅に合わせて暗くなる事も無かった

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

エンジン止めてもしても2、3秒くらいならインジケーター類は消えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月26日 (木)

最強?リヤカーZOOK

■少し前にただの原付に成り下がったZOOKだが、ミニマムトランスポーターの魅力に取り付かれた私はウエポンを用意していた

 例の水場にこんにちわ、今回もタップリお水を頂戴していきますよん。

 私が着いた時には一人しか先客が居なかった。蛇口と言うか、実際には竜の口から吹き出して来るその数は3。一足遅かったら30分は帰るのが遅くなりそうであった。

 それではさようなら、原付のリヤカーの最大積載量は120kgであるので、ポリタンク3缶だとその半分程度。しかし、軽量&非力のZOOKではこのあたりが限界

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

3つの首を持つ竜と言えば、円谷プロのキングギドラを思い出す昭和世代。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

ゴン太100000km達成!

■ついにと言うか、やっと10万キロ走行したゴン太。前世紀’97に新車購入して16年目にしての大台突入。平均年間6250km、20万キロを目標にしてるんで、単純計算するとその頃私は70歳弱。まぁ生きていればの話だが、、、。

 死ぬまでに乗りたい車に2CVが有るけど、ゴン太乗り潰した頃には手に入らないだろうなぁ。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

さすが日本車、さしてトラブルも無く同年式のMINIとは大違い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

62-7364-33 ツインロッドシリンダ TBDAM20X40-ZE202B1

放置プレイした方が豊作だったサツマイモ金時、調理法は最もシンプルな焼き芋と行きたいが、石焼いもを作るグッツが我が家には無いのだ。

 昔、実家の近くに大学イモを専門に作る店が在った。お婆さんが一人でやっていて、たしかゴマ油で揚げていた。いつしか店は閉まり、コインパーキングになってしまった。

 これまでは市販のタレを使っていたが、三温糖を水に溶かし電子レンジで煮詰めたら同じ様なモノが出来た。きっとあのお婆さんも三温糖を使っていたのだろう、大学イモ自体素朴な料理なので、手の込んだ事はしないと思う。

 黒ゴマをトッピングして出来上がり。そこそこ日持ちするのだが、速攻で無くなる事が多い。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

大学イモうまぁ~っ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 5日 (木)

ただの原付に成り下がる

■寒くなって来てMINIが不調だ。症状はバッテリー上がり?でエンジンに火が入らないのだ。で、生命体Mの足としてZOOKが起用される事となったのだが、ご覧の通りサイドカーが付いている。

 試しに町内を一周して来いと乗らせたのだが、帰って来た一声目が「無理っ!」。補助輪付き自転車に乗っている感覚はやはり乗り辛いらしい。

 仕方ないので舟部分を取り外す。ZOOKとはエンジンハンガーのボルトとフレームへのUボルトの2本で止まっているだけ。

 と言う訳で、ただの原付に成り下がったZOOK。サイドカーの定義どおり、舟を外したら2輪車としてキチンと機能するのである。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

翌日にはMINIは直ってしまうのだが、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«サツマイモ収穫2013